仙台市議会議員 相沢和紀
〒984-0838
宮城県仙台市若林区上飯田2丁目3-63
TEL.022-781-0650
FAX.022-781-0650
 

24年5月~24年7月の活動記録

   
            
 
 
            
 
 
 
 
 
活動の記録        

                               ご意見・ご感想をお寄せ下さい
                                            
 
                                             メール 
 

●2012年 7月31日←5月 1日

●2012年 7月31日←5月 1日
フォーム
 
7月31日(火) 
若林区平和労組会議定期総会&懇親会 出席
 
7月30日(月) 
南小泉町内会「公会堂工事地鎮祭」 出席
  昨年3月の地震によって大きな被害を受け解体を余儀なくされました。改築に向けて関係者の努力になどによって地鎮祭を迎えました。町内会の拠点として1日も早い完成が待たれます。なお、昨年の補正予算で建設補助が決定されています。
権限と財源のあり方調査特別委員会
  これまで3回の審議と他都市調査などを受け、中間的なまとめのための意見交換を行いました。大阪橋元市長の言動などもあり、地方行政のあり方、仕組みが変化しようとしています。その中で“住民自治”、“自治体行政”のあり方が問われています。明治以降続いてきている『中央集権政治』が問い直されていることでもあります。
  委員の中にも認識や方向性に対する違いも見られています。私は、今回の震災対応を含め『二重行政』の弊害、さらに市民と自治体との関係を考えた場合などの点から現状を変えていくべきであり、中央省庁の“利権”を廃していくためにも『特別自治市』の実現を目指すべきである。なお、特別自治市に対する仙台市民の認識が薄いことにも配慮し、議会として多くの情報発信を行っていくべきである。との意見を述べました。
 
7月29日(日)
本多祐一朗宮城県議「県政報告会」 出席
六郷スポーツ少年団「2012サマーキャンプ」反省会
 
7月28日(土) 
仙台市交通労働組合第67回定期大会 出席
 
7月26日(木)
六郷東部地区復興対策会議
 
7月25日(水) 
仙台市職労との話し合い&事務作業
 
7月24日(火)
被災者対策に関連して開発行政の担当者と協議
 
7月23日(月)
(事務所で郵送作業&情報収集など)
 
7月21、22日
六郷スポーツ少年団【2012サマーキャンプ(七ヶ宿町南蔵王旅行村キャンプ場)
  夏休み直前、猛烈な暑さがやってきました。今年のキャンプはかなり暑く、厳しいものになるのでは? という思いを強くしていたのですが、一転非常に涼しい2日間となりました。
今回は団員(子ども)25名、指導者・父兄12名の合計37名が参加しました。
  1日目は、まずテント作り、初めての子が多く一苦労でした。午後は、気温が低いことから川遊びを変更し長老湖までハイキングに。遊歩道の下草刈りが不十分であったことから大回りのコースへ、約2時間コースとなり参加者全員がヘトヘト状態に。その後竹串作り、そしてキャンプの定番カレーづくり、葉釜と飯ごうでのご飯炊き。低学年の子も一生懸命手伝っていました。岩魚の塩焼きはなかなか焼けなくて苦労しました。キャンプファイヤーも実施。しかし、セットされていた木は乾燥が不十分でなかなか燃え上がらず、灯油をかけるなどして何とか大きな炎に!
  その後、肝試し! やまびこつり橋を渡るときにはドキドキ。暗闇の中に【姫ボタル】が数匹飛び交っていました。
  2日目は、何とか雨も上がりゲームなどで楽しみました。疲れましたが楽しい時間でした。スポ少にかかわって連続21回のキャンプでした。

 ●緑の中、元気いっぱい!       ■岩魚の塩焼き “がぶっ。”      ▲ボールを放さないサッカー部員
 
7月20日(金)
広報委員会
常任委員会(総務財政委員会)
  先月に続き独自支援のエリア指定問題を取り上げ、浸水シミュレーションで除外されたエリアであっても、浸水が危惧される部分の見直しを改めて求めました。当局での作成したシミュレーションを入手し、その中で浸水しないところでも“地区(町内)”を考慮してエリア設定されたことを明らかにし、その上で問題の箇所の実情を訴えました。
  また浸水区域内であって、防災集団移転の対象となっていない地域の方々、特に非農家の移転新築にあたっては市街化調整地域への建築が認められていない現状の開発行政の実態を示した中で、区役所及び復興事業局が行っている説明が矛盾すること指摘。結果として建築可能となるよう運用規定を整備していくことを確認しました。
  また鈴木繁雄委員は、東北電力の株式総会での対応について質問しました。特に①配当がゼロとなったことへの問題と今後の対応、②女川原子力発電所の(事故)影響とその対策、など100万市民を代表して質すべきであった。と強く反省を求めました。
qrcode.png
http://aizawa-k-sigi.net/
モバイルサイトにアクセス!
<<仙台市議会議員 相沢和紀>> 〒984-0838 宮城県仙台市若林区上飯田2丁目3-63 TEL:022-781-0650 FAX:022-781-0650