仙台市議会議員 相沢和紀
〒984-0838
宮城県仙台市若林区上飯田2丁目3-63
TEL.022-781-0650
FAX.022-781-0650
 

21年5月~21年7月の活動記録

   
            
 
 
            
 
 
 
 
 
活動の記録         

                               ご意見・ご感想をお寄せ下さい
                                            
 
                                             メール 
 

2009年 8月 1日(←5月1日)

2009年 8月 1日(←5月1日)
フォーム
 
7月29~31 
2009-07-31
仙台市議会 公営企業常任委員会他都市視察(苫小牧、江別、八戸)
常任委員会としての他都市視察を行いました。1日目は石油資源開発(株)勇払油・ガス田施設見学。国内での原油および天然ガスの生産は微量ですが、その中でもガスの算出では最大規模の施設です。最大の特徴は[地下約4千m前後の礫岩と花崗岩の割れ目の中に圧縮されて存在している]大変珍しい貯留岩層の油・ガス田であることです。ガスの多くはパイプラインで札幌まで敷設され、北海道ガスに供給されているほかLNG化して道内各地に送られています。一緒に産出する原油は、中東などの“黒い”ものと異なり“茶褐色”でパラフィンを含むサラサラしたものでした。タール分を含まない良質なもののように感じました。推定埋蔵量は正確ではないものの現在の9本の油井生産体制で15から20年であり、さらにポイントを変えて新たな油井を掘削中でした。
2日目は札幌市のベットタウンとなっている江別市の水道部上江別浄水場で①経営改革への取り組み②高度浄水処理施設などについてご教授いただきました。石狩川の支流で支笏湖から流れ出ている「千歳川」からの取水。地域事情により農作業のよる濁度や農薬などの混入、上流域での下水処理水の放流、さらに牧場やゴルフ場からの影響などによって水質が悪化、結果として通年での“粉末活性炭処理”を行ってきたとのこと。以前は苦情もあったが、現在は皆無に近いとのことでした。
最終日は列車の乗り継ぎで八戸市へ。八戸圏域水道企業団に伺い、①企業団の事業概要と特徴的な取り組み②高度浄水処理施設の運転状況などについてご教授いただきました。昭和61年に11市町村で構成する「八戸圏域水道企業団」が発足。現在は仙台市とほぼ同じ給水面積(800平方km)約34万人に供給しています。現在は3箇所の浄水場から供給していますが、3箇所とも江別市同様に河川の表層水を利用していることから同様の問題が発生、当初は“粉末活性炭処理”を水質悪化の状態に合わせて一定時期だけの処理であったものの、冬場の使用量がそう多くないことから“粉末活性炭処理”を通年処理に変更してきたとのことでした。見せていただいた白山浄水場は処理能力10万トンで仙台市の国見浄水場と同規模の施設でした。2年後には新たに建設された世増ダムからの取水が行われるとのことでした。
 
7月28日(火)
2009-07-28
社民党街頭宣伝行動(仙台市役所前—-岸田幹事長、樋口のりこ、相沢市議
仙台市長選挙がありましたので街頭宣伝行動を中止していました。すでに国会は解散され、全国的には熱い戦いが始まっていましたが、仙台は市長選。政治活動が優先され、街頭演説が政治的妨害とされる恐れなどがあることからの判断です。私からは、①市長選結果の意義と奥山新市長の進める“市民協働”のへの対応---市民の積極的な参加と②衆議院選挙での政権交代実現とその中での社民党躍進の意義などを訴えさせていただきました。
 
7月26日(日)
2009-07-26
東六郷夏祭り
各地区のみこしが町内を練り歩き雰囲気を盛り上げ、全体の祭りが4時30分からスタートしました。3時過ぎから雨が落ちて切る残念な状況でした。そんな状況ですがご父兄の協力によって例年通り校庭で行われました。東六郷小学校は少人数の生徒数ですが、子供も大人も全員が一生懸命がんばり、一人ひとりが輝いていました。
□みこしを担ぎ全員集合   △卒業生(現中学2年)の和太鼓演奏
仙台市長選挙 投票&開票 奥山えみこ氏当選を果たす
今後の4年間を決める大切な市長選挙。最終投票率は44.72%と、前回を上回ったものの50%をきりました。結果は161,545票を獲得した奥山えみこさんが2位以下に大差をつけて圧勝しました。
この間、応援をいただきました皆様に対し奥山さんに代わって感謝申し上げます。しかし、仙台市は問題が山積みです。景気対策、子育て、地域コミュニティの活性化等など、本格的な政策の論議と展開は9月議会以降となります。しっかりと皆様の声を聞き、市役所内部の仕事が真に市民生活の改善につながるような仕組み変わるようがんばる決意です。
○“当選確実”となり選挙事務所で共同インタビューに答える奥山えみこ氏(PM9:30ごろ)
 
7月25,26日
六郷スポーツ少年団【サマーキャンプ】(七ヶ宿町南蔵王旅行村)
全国で大雨による被害が発生しており、仙台でも連日の雨。朝方まで小雨が降っていて“大丈夫かな”と不安でした。しかし、10時ごろに現地に着くと青空が顔をのぞかせていました。テント設営後、午後1番は七ヶ宿ダム湖に注ぎ込む横川での川遊び。冷たい水、ゴツゴツした石や岩。その中で“キャー”などと声を上げてうれしそうでした。また、自分で作った竹串で岩魚の塩焼き、カレーライス、焼肉など。キャンプファイヤー直前に雷と強い雨、まさに“山間の夕立!” 1時間降り続きましたが雨が上がったことから気合を入れ直してキャンプファイヤーを実施。でもまたまた雨が落ちてきて早めに切り上げ、各テントでの交流に。
2日目はまた晴れて予定通りの日程を消化、ウォークラリーやゲームを楽しみました。今回は参加者が少なかったのですが、楽しさを知っていただき一人でも多くの参加者を募り、楽しい思い出を‐‐‐と考えています。
☆“きもちいぃー”川遊び   ☆☆☆ 三つです。 本当においしかった
 
 
7月24日(金)
2009-07-24
仙台市交通労組退職者会(若林会) 出席
 
7月22日(水) 
2009-07-22
仙台市長選挙関係―奥山えみこ氏を支える市議の会
選挙戦も後半戦に入り、新聞各社の世論調査なども出される中で残された期間の諸行動についての意思統一を図る目的で開催されました。社民党市議団は6名全員が参加し、残された4日間を全力で戦うことを表明しました。
仙台市長選挙関係―奥山えみこ個人演説会(上飯田集会所)
この日は7ヶ所の個人演説会が設定される“超過密スケジュール”の中、最後の会場として若林区上飯田集会所で開催されました。応援弁士として本多県議、日専連仙台の理事長:山口哲男氏と共に演壇に立ち、「仙台市を建て直し、未来を切り開くのは奥山候補だけである。これまでの”独善”ではなく、市民と共に歩む”協働“を第一に掲げる奥山えみこさんの支持拡大をお願いしたい。」と訴えさせていただきました。
ご来場いただきました皆様に感謝申し上げますと共に、更にご支持の輪を広げていただきますよう重ねてお願いいたします。
 
7月21日(火)
2009-07-21
「反核平和の火リレー」出発式 参加
22回目となった反核平和の火リレー。米オバマ大統領の誕生によって核軍縮の流れが変わってきています。しかし、全世界の平和は一人の力で成しえるものではありません。全世界の人々の、声なき人々の力の結集が不可避です。そして日々の生活の中で、職場の中で“自由”にものが言える社会でなければなりません。21日から25日まで県内各地を青年・女性が広島市の平和公園で燃え続ける“平和の火”からの分火したトーチを掲げて走り継ぎます。
コース近くにお住まいの方はぜひ声援を送ってください。身近なところから、そして地方から声を上げ、核のない平和な世界をつくりましょう!
 
 
 
 
 
 
 
                                                                             
□出発式 リレーランナーと共に市役所までアピール
仙台市議会 広報委員会
室蘭市議会では議会中継を中心に伺いました。仙台市議会でも議会(本議会、予算・決済委員会)のライ
仙台市議会 (公営企業常任委員会)
継続審査事項「浄水処理の現状について」水道局より説明を受け、若干の質疑を行いました。
私からは、現在休止中の富田浄水場の位置づけと今後の活用方針について聞きました。富田浄水場は名取川から取水し、浄化後一旦ポンプアップし排水するシステムとなっていることから経費高となることや需要量が減少していることから休止している。当面10年程度を考えている。とのことでした。
引き続き委員協議会では①22年度国の背策および予算に関する提案(政令指定都市) ②仙南・仙塩広域水道入水料金に関する協議状況について の2件について報告がありました。宮城県との協議によってこれまでの右肩上がりの受水量を大きく改め、しっかりとした人口推計を基に新たな受水量の覚書が3月に締結されました。これまで毎年3,000㎥が増加していたものが、22年度からは逆に平均700㎥を減少するという内容です。私からは①需要予測に沿って減量されたことを評価したい。しかし、25年度では100㎥増加している。この要因は?②他市町村の受水量の減少はどの程度か? などを伺いました。
 
7月18日(土) 
2009-07-18
「第15回六郷市民まつり」実行委員会 出席
11月6、7日開催予定の六郷市民まつりの第1回実行委員会が開催されました。多くの皆さんが利用している市民センター、その活動の発表の場であるとともにより一層の利用やサークル参加を促し、さらに地域コミュニティの高揚を目的として開催されます。例年多くの参加者があり、地域の一大イベントになっています。今後は各部会が積極的に議論を重ねよりよい企画になる予定です。ご期待ください。
 
7月17日(金) 
2009-07-17
仙台市長選挙 個人演説会で応援演説
 
7月16日(木) 
2009-07-16
第Ⅳ期佐高信政治塾 第3回「トーク・ライブ」 (仙台市シルバーセンター)
塾長である佐高信さんが歌手の李正美(イ・チョンミ)さんと音楽家の小室等さんを迎えて対談とライブでの100分間でした。話には一貫性がなかったものの、朝鮮学校で学んだ李さんが【イムジン河】を歌うことが出来ない複雑な胸のうちの極一部が語りました。日本人である自分が想いも寄らない深い心の葛藤を思い知ることが出来ました。近くて遠い朝鮮半島、そして古くて新しい日朝の歴史。
少しでもわだかまりを排して信頼の上に良好な関係が創られることを願います。
◇小室さんの伴奏で歌う李正美さん   ○イムジン河の新たな訳詩を披露した小室さん
 
qrcode.png
http://aizawa-k-sigi.net/
モバイルサイトにアクセス!
<<仙台市議会議員 相沢和紀>> 〒984-0838 宮城県仙台市若林区上飯田2丁目3-63 TEL:022-781-0650 FAX:022-781-0650