仙台市議会議員 相沢和紀
〒984-0838
宮城県仙台市若林区上飯田2丁目3-63
TEL.022-781-0650
FAX.022-781-0650
 

東北関東大震災の復興などに関する要望書

   
2011年3月25日
仙台市長 奥山恵美子 様
社民党仙台市議団
(議員名は省略)
東北関東大震災の復興などに関する要望書
(前文は省略)
1.避難生活者への支援の強化
    ①   避難生活が長期化する中で避難者のストレスは日に日に高まっています。また、避難所の環境も
           十分ではありません。このような現状を直視し、避難生活スペースの確保やプランバシーなどに配
           慮した避難所体制となるよう再編強化を図ること。
    ②    地域によって被害の程度は大きく異なることから、大規模および長期化が予想される避難所運
           営について職員の応援体制についても配慮を行うこと。
    ③    地震・津波によって自宅を失くした方および住めなくなった方が多数おり、速やかな仮設住宅など
           の対応が求められています。1日も早く避難所生活から仮設住宅または借り上げ住宅への移行の見
           通しを示し、不安感を払拭すること。
    ④    在宅被災者の実態把握と適切な支援策を講じること。
    ⑤    避難者に対する情報の不足が決定的です。いま重要なことは避難生活者の共通認識をつくり上げ
           ることであり、仙台市としての情報提供、さらに言えば行政としての具体的な支援策等を示したもの
           をペーパーで周知すること。
2.地域再生に向けた抜本的な復旧対策の取り組み
    ①  幹線道路の復旧など一定程度進んでいることは認識するものです。しかし、今回の震災は想定・
          想像を超える被害であり、復興支援には超法規的な対応が求められています。たとえば農道や用排
          水路さらに私道を含めた生活道路の復旧に対して公的に対処し、地域復興が速やかに進むよう支援
          すること。
    ②   仙台市域の中でも東部地区の被害は甚大です。この地域は第一次産
          業に従事する方が多く、一日も早い生産活動の再開が望まれています。被害状況の把握と
          もに、市として復興への道筋を示すよう努力すること。
    ③   市内全域において道路等の陥没が多数あることから、交通事故等
          の二次災害が発生しないよう早急に修繕を行うこと。
3.復旧への組織体制の整備
qrcode.png
http://aizawa-k-sigi.net/
モバイルサイトにアクセス!
<<仙台市議会議員 相沢和紀>> 〒984-0838 宮城県仙台市若林区上飯田2丁目3-63 TEL:022-781-0650 FAX:022-781-0650